言語学習が上手くいかない理由

実際、さまざまな語学学習のコースやアプリが存在しますが、なかなかうまくいかないものです。大金を費やして、「流暢に話せるようになる」とうたわれる方法で長く学習しても、満足のいく語学力は身につかず、「魔法のような学習法はないか」と模索する日々が続きます。

Jiveworldのアプリは、そんな悩みを解決してくれるかもしれません。この文章でJiveworldの学習方法について詳しく紹介しますので、ぜひ読んでみてください。本気で語学をマスターしたいと思うあなたを本気でサポートします。

「流暢に話せるようになる」ために

まず「流暢に話せるようになる」というゴールについて考えてみましょう。「流暢に話せるようになる」とは、いったいどういうことを指すのでしょう。

「流暢」に話せる人は―

言語を「お勉強」するよりも、言語を「使用」したほうが速く言語習得できる

この定義は何を意味するか、考えましょう。まず、「流暢に話せる」=「マスターした」わけではないことが分かります。また、「流暢に話せる」=「言いたいことを全てミスせずに、ほぼ自動的に表現できる」という意味でもありません。5歳のころの自分を思い出してみてください。そのころの自分と今の自分では、もちろん今のほうが高いレベルで母語を話せるでしょう。でも5歳のときも流ちょうに話していたことに変わりありません。

子どもですから、的を射ない話し方で親に注意されることもあります。大人の話をすべて理解しているわけでもありません。しかし、子どもたちは家族や友達たちとの日々の会話を積み重ねながら、ときにはテレビからの知識も得ながら、言語運用能力を高めていきます。外国語を勉強する場合でも、「学習」せずに周りとのやりとりだけで効率的に上達できる人はすでに「流暢」です。

となると、「流暢になる」というゴールへの到達を助けてくれるアプリや教材があれば、その教材やアプリの後に使うべき別のものは存在しないはずです。「流暢」になっていれば、そこからはその言語を母語とする人と実際に話しながら、外国語のレベルを高めていくことができますので、「お勉強」をする必要はもうなくなっているはずです。

「流暢に話せるようになる」ことを目指すJiveworldのメソッド

The sound of the voice... brings language, sets thoughts astir, and keeps us in the intellectual company of man
「人の声が…言葉として、意味を伴って、人との知的なつながりを深めます。」- ヘレン・ケラー」

Helen Keller

どうすれば、「流暢になる」のでしょうか。街中で地元の人が話すように言葉を操れるようになるためには、どのような能力が必要なのでしょうか。

外国語の話をする場合、私たちはよく、「話せますか」と尋ねます。しかし「話す」ことばかりに注意を向けると、見落としがちな能力があります。それは「聴いて理解する」という能力です。ヘレン・ケラーが言うように、コミュニケーション能力の鍵は「つながりを感じること」です。

母語以外の言語を学習する人の中には、「聞いて理解する」能力を一番最後に習得しようとする人が多くいます。読み書きや話すことはある程度できるのに、電話での簡単な応答には苦労する人も多いことでしょう。質問はできても、その答えを理解するのに四苦八苦。いわゆる「音の壁」です。

その原因は単純に言えば、話すことより聴くことのほうが難しいからです。話すときは自分の知っている単語だけを使って話します。話す速度も自分のペースで選べます。知っている単語だけを使えば、話すという作業はそこまで大変ではありません。しかし、相手が発した音から意味を導き出す作業はそれよりも大変です。1960年代にも「話せるコンピューター」は存在していましたが、バーチャルアシスタントのSiriが私たちの呼びかけにこたえてくれるまでには、そこから50年かかりました。

「聴いて理解する」力がなかなか上達しないもう1つの理由は、初・中級者用の教材のほとんどがネイティブの自然な会話とはかけ離れた、ゆっくりした話しかたになっているからです。学習者用に意識してつくられた教材は本物とは違います。野球に例えれば、キャッチボールだけを練習しても野球の全てをマスターできないと同じです。

現実の世界で使われている言語は、まるで複雑な生き物であって、単語や表現も学習者用の単語集で網羅されているものよりもはるかに豊富です。

現実の世界で話されているリアルな言語を理解できるようになることがJiveworldの目指す姿となっています。

「音の壁」を破る

(第二言語を習得するための)最善の学習法は安心できる環境で「理解可能なインプット」を与えることだ — スティーヴン・クラッシェン博士、「第二言語を習得するための原則と実践」

Stephen D. Krashen, Principles and Practice in Second Language Acquisition

スティーヴン・クラッシェン博士やトレイシー・テレル博士などの研究者たちは、1980年代ごろから「言語学習を考えるときに意識的な学習と無意識な習得を仕分けること」、「文法を勉強するより多聴多読のほうが効果的であること」、「アウトプットよりもインプットを重視すること」といったことをテーマにさまざまな研究をしてきました。クラッシェン博士は「話すことは習得の結果であって、原因ではない」と明言しています。

学習するときの心理的状態も言語習得に大きな影響を与えます。社交的な場で流暢に話せないとストレスがたまって、言語習得が遅くなります。リラックスした雰囲気の教室や自分のペースで学習できる環境があれば、そうした心理的な障壁はとりのぞかれます。

Jiveworldは、クラッシェン博士が提唱するように、「ストレスの少ない環境で学習に最適な教材(理解可能なインプット)」を提供します。

Jiveworldメソッド

「流暢に話せるようになること」を目指すJiveworldメソッドには次のような特徴があります。

  1. 学習者用の作られた教材ではなく、ネイティブをターゲットにしたコンテンツを使用する。
  2. 目からのインプットよりも耳からのインプットを重視する。
  3. 幅広い「パッシブ・ボキャブラリー(知っている単語)」を構築する。「パッシブ・ボキャブラリー」という土台がしっかりしていれば、「アクティブ・ボキャブラリー(使いこなせる単語)」は自然に増えていきます。
  4. 自然に集中できる時間内で学習する。脳の学習する仕組みを理解し、その仕組みに沿って学習を組み立てます。

Jiveworldメソッドは、読み書きや会話一辺倒に偏らず、文法や反復練習にもこだわりません。いろいろな地域の話し方や自然な速さのコンテンツを素材に選び、英語に耳を慣らすことを重視しています。Jiveworldメソッドを使うと、日常生活の中で使える語彙力が豊かになり、表現力が身につきます。

Jiveworldメソッドでの学習を重ねることで徐々に補助に頼らなくても大丈夫になり、気がついたら自然にネイティブ・スピーカーとの会話の輪に入っていけるようになっているでしょう。

つねに「理解できるゾーン」にいることで学習を加速

Jiveworldメソッドは集中力とやる気をキープしたまま、リスニング力がアップするように設計されています。

他のアプリには難しい教材にスクリプトや訳文が用意されています。Jiveworldにもスクリプトや訳文はありますが、あくまでも「困ったときの補助的なツール」であって、中心的な役割は果たしていません。スクリプトや訳文に頼り過ぎると、耳よりも目からの情報に頼るようになり、「流暢に話せるようになる」ことはできません。

かといって、補助がまったくないとネイティブ・スピーカーについていけず、何を言っているか分からなくなり、ところどころ知っている単語が聞こえてきても話の波に乗れません。サーフィンと同じで、「サーフボード」から落ちたら、もう一度波に乗るのは一苦労です。

Jiveworldはそんな苦難を克服し、話の流れに乗り続けられるための補助機能をいくつかアプリ内に用意しています。これらの補助機能を使えば、常に「理解できるゾーン」にいることができます。分からなくなってしまう手前のこのゾーンにいることで学習を持続させることができ、理解が加速します。

部分的な非表示

Jiveworldのアプリでコンテンツを聴く場合、ほとんどの単語は非表示の状態になっています。この状態から表示する単語の種類を選択することができます。

  • 役立つボキャブラリーの入ったフレーズ (アプリの中で「語彙」を選択してください)— 上級な単語または言い回し (または初級・中級の単語で文脈中の意味が一般的に使われる意味とは異なる場合)
  • なかなか聴き取れないフレーズ (アプリの中で「トリッキー」を選択してください) — 喋り方が速く、聞き取りが難しいフレーズがこれに分類されます。聞きなじみのない人の名前や場所の名前などの固有名詞もこのカテゴリーに入ります。
  • 標準的なルールに従っていないフレーズ (アプリの中で「非標準」を選択してください) — 話している人が間違ったことを言った場合も含めて、標準的な言い回しからかけ離れた発言です。先ほど触れたように、Jiveworldのコンテンツは台本なしの会話素材なので、ネイティブも言葉の選び方や言い方を間違えたりする場合があります。

上記の中から自動的に表示するカテゴリーを選ぶことができます。

また、すべてのオプションを隠して、下線が引かれてある単語(フレーズ)を指でタップすると、表示したい単語を1つずつ表示させることもできます。

話の流れについてのヒント

ストーリーは紆余曲折あり、わき道にそれることもあります。一度見失ってしまうと、そのまま最後まで理解できないということにもなりかねません。

そんな状態に陥らぬよう、ストーリーの各セクションに「道しるべ」となるヒントを表示させることができます。

さきほどの機能と同じように、「ヒントを自動的に出す」または「非表示にしておいて必要な時にだけタップして表示させる」という2つの選択肢があります。

ヒントの隣には矢印のアイコンがあり、矢印を押すと再生箇所が各セクションの冒頭に戻る便利な機能もあります。

スピード調整

Jiveworldのコンテンツはすべてネイティブ・スピーカーが自然に話す速度です。速すぎる場合には、話すスピードを段階的に落とすこともできます。オリジナル音声の半分の速度までスピードを落とすことも可能です。

ここで大切なのは、「学習者用の不自然なゆっくりした話し方」と「自然な速さの話し方をスピード調整機能でゆっくりにした話し方」は別物だということです。発言が学習者のために意図的に作り変えられたものではなく、自然なネイティブ発言であるならば、スピード調整された音声でもリスニング力はアップします。

もちろん、最終的な目的はそのままのスピードで聴くことですが、Jiveworldのヘルプ機能があれば、その目標に少しずつ近づいていくことができます。

2段階のリスニング

いい物語の魅力を活かしたい場合、学習用に短く要約してしまわないほうがうまくいきます。ですから、Jiveworldはラジオ番組の全編を収録しています。ストーリーはチャプターごとに分けられています。各チャプターを2回以上聴きます。

1回目の再生では、新しい単語の学習や内容の理解に焦点をあてます。Jiveworldのアプリの「語彙」「ヒント」「スピード調整」などのヘルプ機能を駆使して内容を完全に理解しながら先に進めることができます。

2回目の再生では、音の流れに着目して聞いていきます。補助機能をすべてOFFにして再生しますが、まだ理解が不十分だと思ったら、タップひとつでもう一度機能をONにすることができます。学習した内容を定着させるためには、最低1回は補助機能を使わないで聴くことをおすすめします。補助に頼らずネイティブになった気分で来てみてください。1回目のように一生懸命集中する必要もありません。

自転車での山道ツーリングのようなものだと考えてください。最初の学習段階は上り坂。音声に集中し、知らない単語を確認するのはエネルギーを使います。最初に学習した内容をもう一度聴く2回目のリスニングは下り坂。ペダルを漕ぐ必要もなく楽ちんです。

より効率的に、ストイックな努力をせずに必要な言語能力を身につけることができます。コンテンツを聴くことがもっと楽しくなりますし、集中力を維持することもできるでしょう。

その他の機能

Jiveworldのアプリでは、ゴールの設定や進捗の管理も簡単です。新しい単語は「単語帳」で復習できます。ストーリーの文化的背景や言葉の説明を読んで、ストーリーを深く理解しましょう。

知らず知らずのうちに「流暢に話せるように」

アプリでの学習を通じて、知らず知らずのうちに聴き取りが楽になります。スピード調整はだんだん自然な速度に近づき、ヒントや「トリッキー」を隠したまま聴き取れるようになっていき、調べる単語も少なくなっていきます。

最終的にJiveworldアプリやほかの語学学習アプリは必要なくなるでしょう。ここまで来れば、あとはネイティブ・スピーカーとの自然な会話を楽しみ、そうしたやりとりの中で自然に言語能力が伸びていくでしょう。これといった学習法は要らなくなります。これこそまさにJiveworldの目指すゴールです。いつの間にか、「流暢に話せるように」なっているでしょう。

ぜひJiveworldをお試しください。そして「流暢に話せるように」なったあなたの体験談をお聞かせください。語学を習得できることは貴重なことです。あなたの人生が変わります。その言葉を通じて知り合った相手の人生も変わるでしょう。

皆さんの「流暢に話せるようになる」までの道のりをお手伝いできることを光栄に思います。

その道のりを楽しんでいただけますと幸いです。

Daniel, Joseph, and the Jiveworld Team